意識日記

2020.12.02

目には見えない徳

何かをする時、損得を考えて行動しますか?それとも損得なにも考えずに行動しますか?

勿論、時には損得を考えざるえない事もあるでしょうし、自分の為にする事は悪い事だとは言いません。器用に生きてる人もいます。でも、私はどちらかというと、器用には生きれないし、損得考えて動くと、跳ね返りがあったりして良くない方に向かう事があるので、損得だとか、駆け引きは考えません。自分の事より人の事で行動する方が、私らしさだとも思っています。

小学生の時に、体育の時間に、マラソンをして、一番先頭近くで走っていたのに、並んで走っていた子が転んで、その子を起こして、足を引きずる彼女の手をとり、ビリでゴールした事があります。その時に聞こえてきた先生の言葉が『お人好しだね、あの子にかまわなければ一番だったかも知れないのに。』でした。それ以来、マラソンは嫌いになりましたが(苦笑)忘れられない記憶です。小学生ながらに色んな事を考えさせられました。でも、その『お人好し』が私は悪い事だと思わなかったから、今の私があるのだとも思っています(笑)

人の事で何かを行動すると、後からの自分にちゃんと繋がっていきます。目に見える『得』ではなく、目には見えない『徳』を積む事が大事なんだと思います。

今日一日が皆さんにとって『目には見えない徳』を意識出来る日になりますように…🍀

※LINEでのご予約は受付けておりません。